バージニアビアカンパニー

The Virginia Beer Company(VBC)は、バージニア州東部・ウィリアムズバーグにある、タップルームとビアガーデンが併設されたブルワリーです。創業者のクリス・スミスとロビー・ウィリーは、近所にあるウィリアム・アンド・メアリー大学に在学中の2004年に出会い、2016年3月に醸造所を立ち上げました。ブルーマスターには、以前ジョージア州アトランタのスィートウォーターブルーイングでヘッドブルワーを務めていたジョナサン・ニューマンが抜擢されます。

30バレル(35hL)の大規模な醸造設備のほか、実験やスモールバッチ用の5バレル(6hL)の小規模システムも有しており、年間を通して販売する定番ビールだけでなく、季節の限定や、新たに生みだされる想像力豊かな試作のビールも作ることができます。これにより、バレルエイジドビールやヘイジーIPA、バレル発酵のセゾン、クラフトラガーなど様々なスタイルのビールが生み出されています。

VBCのビールは、日本のインターナショナル・ビアカップ(IBC)や、ヨーロピアン・ビア・スター・アワード、オーストラリアン・インターナショナル・ビア・アワード(AIBA)など、世界中のコンペティションや大会で受賞しています。また、VBCの環境持続可能性を強化する活動や地元ウィリアムズバーグへの慈善活動への貢献も高く評価されています。